読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CORPUS ORGANICUM

日々の雑記。

オルゴールのこと

雑記

f:id:philoglasses:20160521201002j:plain

 もうだいぶ前のことになるけれど、日本で最初のオルゴールの博物館「オルゴールの小さな博物館」に行ったことがある。この博物館では、たくさんのオルゴールを実際に音を鳴らして聞くことができる。実は、この博物館は2013年の5月に閉館してしまった。私が行ったのも、閉館ギリギリの時期だったように思う。

 たぶん、誰もがオルゴールの音色を一度は聴いたことがあると思う。小さなオルゴールであれば、いろいろなお土産物屋さんでも見かけるだろう。でも、この博物館にあるオルゴールは少し違う。たとえば、右のオルゴールは中に空気を通すことで笛のように音が出る。下の人形たちも同時に動き出し、見ているだけで一日すごせてしまいそうであった。細かい技術が細部にまで凝らされ、思いもよらない音や動きで楽しませてくれるのである。

 残念ながら閉館してしまったこの博物館であるが、そこに所蔵されていたオルゴールの円盤をユーチューブで聞くことができる。

 右は有名なロッシーニウィリアム・テル序曲である。きらびやかなオルゴールの音と、微妙に乗り切らないテンポ感がなぜか安心感を覚えさせてくれる。ほかにも、ホームページに多くの楽曲へのリンクが貼られているので、もっと聴きたい方はそちらに飛んでいただけるとよろしいだろう。

 

 今は音楽を聴くといえば、データ化された音源がiPodに入っていたりする。そうでなくとも、CD、もっと通な方はレコードということになるかもしれない。だとしても、それらは全てスピーカーを通して音を聞くことになる。オルゴールもCDも音楽を聴くという用途は同じなのだが、その最大の違いは、オルゴールが実はそこである種の「生演奏」を行っているということであろう。 

f:id:philoglasses:20160521201129j:plain

 右の写真を見てもらうとわかると思うが、オルゴールの中には「太鼓」が入っていたり、グロッケンのようなものが入っていたり、様々な楽器が入っている。大きなものになればなるほど、あらゆる楽器を中に持っていて、多種多様な音色を聞かせてくれるのである。私たちが普段音楽を聞いているスピーカーは、その一つのスピーカーで全ての音を再現することができる点で画期的なものであろう。そのような技術がなかった時代、ありうる方法としては生演奏をそのまま部屋に持ってきてしまうことだった。

 音楽をまるまる保存し、まるまる再生することができる現代のメディアと違い、オルゴールは音楽の構成のみを保存し、その音楽を再現する。オルゴールのディスクやロールに刻まれた音価は、その音の長さや音程を物理的な位置として置き直したものである。それだけでも非常に興味深い楽器であり、再生機器であろう。