CORPUS ORGANICUM

日々の雑記。

五百羅漢と顔

散歩日和だったので、川越の喜多院にある五百羅漢を見に行ってきた。昔一度行ったことがあったのだけれど、500体以上もある石造を一つ一つ眺めて歩くのはいつでも楽しいことだと思う。

喜多院の歴史は伝えによれば奈良時代にまでさかのぼるとも言われ、少なくとも平安時代には寺として存在していたらしい。面白い言い伝えもいくつか残っていて、たとえば「山内禁鈴」というものがあり、境内で鈴を鳴らすと大蛇の祟りがあるという。修学旅行生の10人に3人くらいはカバンに鈴をつけているような気がするので、大変心配になるところである。

その喜多院には、1782年〜1825年頃にかけて建立された「五百羅漢」という石像群が存在している。大きな釈迦如来を中心に、阿弥陀如来地蔵菩薩十六羅漢と五三三尊者など全部で538体の石像が鎮座しているという。

五百羅漢は日本各地で見ることができる。五百羅漢というのは仏陀の弟子たちのことらしいが、偉い僧たちもやはり人間だという感じでかなり個性豊かだ。

f:id:philoglasses:20161019181010j:plain

f:id:philoglasses:20161019181009j:plain

f:id:philoglasses:20161019181000j:plain

みんなおもいおもいの行動をしている。寝っ転がる僧、鼻をほじる僧、仏像を見せびらかす(?)僧…。僧たちの日常のようなものが彫られているのが、非常に面白い。私は、以前にもどこかの五百羅漢を見に行ったことがあったと思うのだが、そのときはこんなにユルくなかったような気がする。

五百羅漢の売り文句として、よく聞くのは「あなたの理想の顔に出会えるかも」である。なるほど、どの顔も絶妙に違っていて、一つ一つ見ていても飽きることがない。眉毛の太い僧もいれば、顔がシュッとした僧もいる。理想の顔に出会えるかどうかはさておき、人間の顔の特徴を捉えてこれだけたくさん並べるというのは、人間の人間に対する観察眼の鋭さを感じる。

こうして、顔から顔へ500体眺め続けていると、どうして人間はこんなにも顔が違うのだろうと思わされる。いや、そうではない。他の動物も、植物も、石も、何もかもそこに存在しているのなら似ていることがあっても大体どこか異なっているものだろう。そうであるよりもむしろ、人間の顔の違いが私にとって重大の意味を持つものとして現れてきているということである。

もしやろうと思えば、この僧たちを全員並べて、名前とか顔を一致させることができる。ところが、同じ犬種の犬を五百匹並べて、名前と顔を一致させることはできるだろうか。できなくはないかもしれない。だけれど、明らかに人間の時よりも大変であるように思う。人間の人間に対する感覚の鋭さは生得的なものなのか、それとも多くの人間と触れ合うことで獲得されたものなのか。それが、非常に便利であることはたしかなのだけれど。

それにしても、五百羅漢を見た後に食べた蕎麦が美味しかったなぁ。